ローシェン

ローシェン

ローシェンは、小型犬として日本でも人気があります。それは、小さな家庭やアパートなどで暮らす人々のために理想的な家族犬として捉えられています。

基本情報

  • 体高:オス28-33 cm前後/メス28-33 cm前後。
  • 体重:オス5-7 kg/メス5-7 kg。
  • 平均寿命は12-14 歳。

ローシェンは、スコットランドの大陸沿岸地域で元々見られた、中空毛を持つ小さなハウンドです。その特徴は、安静でありながら、非常に積極的であることです。短い歩行をして、非常に良い体重を保つことができます。ローシェンは、非常に友好的で、慎重で、積極的で、自信を持った性格を持っています。その犬種は、誤解を恐れず、自分の意見を社会的な問題について表明することができます。

ローシェンは、スコットランドの大陸沿岸地域で元々見られた、中空毛を持つ小さなハウンドです。モンタナから南にかけて発祥したローシェンは、18世紀から19世紀にかけて広く使用されてきました。ローシェンは、現在でも愛されている家族のペットとして、そして非常に頑丈な犬として、多くの用途で使われています。

簡単な情報 ローシェン

ローシェンは、スコットランドの大陸沿岸部の小型ハウンドで、英国犬の品種に属します。ローシェンは、18世紀から19世紀にかけて広く使用されてきました。現在でも愛されている家族のペットとして、そして非常に頑丈な犬として、多くの用途で使われています。

品種の特徴 ローシェン

ローシェンの品種の特徴は、低身長、中空毛、柔らかな表情、友好的な性格、小さな耳、大きな目、体重を保つ能力があることです。ローシェンは、非常に友好的で、慎重で、積極的で、自信を持った性格を持っています。そして、非常に堅牢であり、暑い気候でも冷たい気候でも生き残ることができます。

犬種の歴史 ローシェン

ローシェンの犬種の歴史は、18世紀から19世紀にかけて広く使用されてきたことからわかります。モンタナから南にかけて発祥したローシェンは、広範囲の大陸沿岸地域で見られました。その犬種は、狩猟、見回り、そして攻撃のために使用されました。

品種の外観と特徴 ローシェン

ローシェンの品種の外観と特徴を見ると、低身長、中空毛、柔らかな表情、友好的な性格、小さな耳、大きな目、体重を保つ能力があることがわかります。

- 品種の一般的な説明 ローシェンは、低く、細長い体をしています。胴体と頭は長く、腰部は低い位置に位置しています。胸は深く、プロポーションはよく、両端は滑らかになっています。頭は小さく、顔面は地平線状になります。

- ウール ローシェンの毛皮は、中空毛で、毛色は、黒、茶褐色、白、褐色、青い色などがあります。毛質は、かなり太く、およそ5センチメートルから6センチメートルの長さです。

- 耳 ローシェンの耳は、小さく、クロップされた状態です。耳は、立ち上がる位置に置かれています。

- 目 ローシェンの目は、大きな、深い、赤褐色で、深い表情を与えます。 - 犬のしっぽ ローシェンのしっぽは、低い位置に置かれ、短くクロップされた状態になっています。しっぽは、非常に活発です。

- 犬の足 ローシェンの足は、細く、力強く、大きな足跡を残します。

寿命 ローシェン

ローシェンの寿命は、概ね12年から14年の間です。しかし、健康的なライフスタイルを送ることで、その寿命を延ばすことができます。

犬キャラ ローシェン

ローシェンの性格は、非常に友好的で、慎重で、積極的で、堅実な性格を持っています。その犬種は、誤解を恐れず、自分の意見を社会的な問題について表明することができます。ローシェンは、その能力を活用して他の犬種と和解しようとします。

トレーニングと教育 ローシェン

ローシェンをトレーニングするためには、正しい方法で正しい時間をかける必要があります。犬は、すぐに返事をしますが、それを拒否しても、放置しておくことはできません。また、余分な時間をかけて、余分な労力をかけることもありません。ローシェンは、毎日の正しい教育を受けることで、あなたと仲良くなることができます。

お手入れとメンテナンス ローシェン

ローシェンは、毛皮のお手入れをする必要があります。毎週1回、毛皮をブラッシングして、毛玉を取り除きます。また、毛皮を洗う必要もあります。洗浄素材には、洗浄剤やシャンプーを使用します。洗浄後は、タオルで水分を吸収し、毛皮を乾かします。

ケアの特徴 ローシェン

ローシェンのケアは、基本的に簡単です。その犬種は、特別な接触を必要としません。一日に2回の食事、日常の散歩、毎日の正しい教育を受けることが、ローシェンのケアにとって最も重要です。

の健康と病気 ローシェン

ローシェンは、健康状態が良好で、免疫力が高い犬種です。しかし、病気にかかる可能性もあります。定期的な健康診断を受け、血液検査を受けることをおすすめします。また、犬の状態を見守るために、その他の病気の合併症を見つけるために、定期的な観察をすることをお勧めします。

2023 © «inuwiki.jp». 犬が好き